<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

消えていく。




漫才ブームだった頃。



漫才師なのにバンドを組んだりしてて、

よく見に行ったなぁ。

漫才よりも、バンド活動が好きだった。

今から思えば、素人バンドのお遊びだったんだろうけど。





でもいつからだろう。

すごく鼻についてきて、好きじゃなくなった。

という言うよりも、キライ。



自分よりも程度の低い人たちを集めて、親分気分を楽しんだり、

恋愛の話題が大好きで、自分の持論をすぐに披露して展開させていく。

その恋愛好きが度を越して、女性との出会いが少ない男性がいる地域で、

大掛かりなお見合いを計画する。

自分の意のままに動く人を周りに置いて安心している。




これが・・・最近、テレビを通して感じていたこと。

だからキライだった。




しばらく話題は尽きないだろうけど・・・

もう少し経てば、テレビでみることもなくなるだろう。




人の気持ちを勝手に解釈して、自己満足してる姿を見ずにすむ。
by judy_loves_jazz | 2011-08-27 16:17 | Daily.

夏の終わり -2-。

ここ数ヶ月、観たい映画もなくてガッカリ。


でも、やっとやっと Part 3 が公開された。


『 Transformers : Dark of the Moon 』


前作の“ Revenge of the Fallen ” は、

監督自ら “ 駄作だ。 ”と言ってしまったらしいけど(笑)


でも、私はどの作品もカッコ良くて大好き!

(三作目で、ヒロインが変わっていたのが不服だけど。)



ロボットが出てきて、それがいろんな乗り物に変身する。

これだけを聞いたら、単なる子供が好きなキャラクターみたいだけど・・・

いや、確かに・・・ マクドナルドでトランスフォーマーのオマケをもらおうと思ったら、

子供向けのハッピーセットを買わなくちゃいけないから・・・対象は子供向けなんやろう。

(大人がハッピーセットを買えるかどうかどうかネットで調べて、全4種 GET !)




完結編である “ Dark of the Moon ” は 3D 映画。

飛んでくる隕石を避けたり、思わず立ち上がりたくなったり。

キャラクターがまるでそこで戦っているように思えて、

気持ちが入りすぎて心臓がバクバクしっ放し。



一作目 “ Transformers ” から好きなキャラクター “ BUMBLEBEE ” 。

黄色いカマロに変身するロボット。

主人公であるサムを守るロボット。



喜んだり、悲しんだり、

カマロに変身するロボットが存在するわけないし、

ましてや地球を守るロボットもいるわけがないけど。

わかってるんやけど、わかってるんやけど。


好きなんよなぁ。

こういうのん。



映画を観終えて、どうしてもどうしても BUMBLEBEE のおもちゃが欲しくなって、

車で三宮の Joshin へ。



トランスフォーマーのコーナーに行くと、

同じような人たちが数人いて、あーだこーだ言いながら物色中。

きっと、映画を観てどうしても欲しくなった・・・同じような人に違いない。



みんな BUMBLEBEE が目当てみたいで、

お互いがお互いをけん制しながら探してる。


リーダーの OPTIMUS PRIME もカッコいいけど、

うん、やっぱり BUMBLEBEE がいい。



相方と相談して、ちょっと奮発して1万円超を選択。

それを抱えてレジに並ぶオバサン。

前には、小学生の男の子が小さな BUMBLEBEE を抱えて並んでた。



ちょっと優越感。

でも、精神年齢は同じってとこか。



んで、買ったのがコレ。

c0180009_14344232.jpg



高いだけあって、細部にわたって精巧に作られている。


これがカマロに変身するんだけど・・・

相方曰く “ なんか、壊しそうで怖い。 ” 。


なので、カマロに変身することのない我が家の BUMBLEBEE 。

c0180009_14362413.jpg




く~~~っ。

かっこいぃぃぃぃ~。
by judy_loves_jazz | 2011-08-26 14:41 | Daily.

夏の終わり -1-。



まだまだ暑いけど、

夕方になると、気持ちが少し物悲しくなる。

秋の気配がする。



相方の夏休みは6日間。

いつもと変わらず、あっと言う間に終わってしまった。

今年は旅行をする余裕も無く・・・。

寂しいねぇ。ほんと。



明石市立文化博物館で、

夏季特別展として 『 放浪の天才画家 山下清展 』 が開催されていた。

事前の情報ではすごい混みようだということだったけど、

私たちが行った時は、他の人が邪魔になることもなく、

ゆっくりと観ることができた。



雑なように思えるけれど、でもちゃんと計算され、

緻密な手作業を要する貼り絵。

まず最初に鉛筆で下書きをし、その絵の下から上へと貼り絵を貼っていく。



山下清は、旅先で絵を描くことはなかったらしい。

印象に残った風景をすべて記憶し、

旅から戻ってきてその記憶を呼び起こして描いていたらしい。



障害ある人全てに、非凡な才能があるわけではないけれど、

人間というのは、プラスマイナスがうまくいくものなのかもしれない。


彼の絵を観てまず思ったのは・・・

やっぱり人は旅に出るべきだということ。

静物画ももちろんいいのだけれど、放浪を始めてからの絵(貼り絵)は、

迫力も色も緻密さも、全てにおいて完成度が違う。


絵から少し離れて立って観ているんだけど、

どんどん、どんどん吸い込まれていくような迫力がある。


“ 旅 ” は、やっぱり人を大きくする。



貼り絵の他にも、日記やリュックなども展示されていた。


人に良く思われようとか、自分を誇示しようとか・・・

そんな浅はかな気持ちがない彼が綴る日記は、

“ あ、痛いところをつかれた。 ” と思うことが多々あった。


本音だけで生きるなんてことは、無理だし難しい。

その本音で他人を傷つけることもある。

だから、本当の自分を隠して人と接するのも、ある意味必要。


だけど、その “ たが ” を外すことができた彼だからこそ、

人を惹きつける絵を描くことができたのだと思う。



リュックが展示されていたコーナーに、

こんな解説があった。



彼は、いつもリュックのポケットに石を数個入れていたらしい。

なぜかと言うと・・・ “ 護身用 ” なんだって。



山下清という人の、純粋さが表れているでしょ。
by judy_loves_jazz | 2011-08-25 13:36 | Daily.

梅小路蒸気機関車館。

京都にある 『 梅小路蒸気機関車館 』

扇形車庫に SL が停められている。


c0180009_11482596.jpg


c0180009_11483981.jpg




天皇皇后両陛下が利用される“ お召し列車 ”。

かつてそのお召し列車を牽引していた SL が、お召し列車の装飾を施して、

国旗を付けて扇形車庫から5m 前進させた “ 頭だし展示 ” が

行われているのを知り、早速相方と行ってみた。



c0180009_1149827.jpg





番号が打たれた扇形の車庫に、今ではなかなか見ることができない SL が

並べられている。

c0180009_11521910.jpg


c0180009_1153318.jpg


c0180009_1153274.jpg


c0180009_1154389.jpg


c0180009_11541768.jpg




ちょうど夏休みということもあって、

子連れも数組いたけど、どっちかというと子供よりも親の方が

興味があって来てるような気がした。

“ こわい~。こわい~。 ”と言って、

SL に近づこうとしない子供が何人もいた。



黒くて古くて大きな乗り物。

そりゃ怖いだろうなぁ~と思う。


小さい子供にはやっぱり新幹線かな。




鳳凰の金飾りがついた SL 。

とても誇らしげで、堂々としていた。

c0180009_121823.jpg


c0180009_1212220.jpg


c0180009_1214218.jpg


c0180009_1215287.jpg




SL スチーム号。往復10分程の運転が、

一日数回運行されている。

c0180009_1233690.jpg


c0180009_1234992.jpg




ここの SL たちは、作られてから何度も修理を受けて、

私よりもたくさんの時代を生き、たくさんの人を運び、

今では時代遅れと言われ、ここで静かに展示されている。




何かを感じられるわけでも、伝えられるわけでもないけど、

そっとボディに触って “ おつかれさま。 ” と伝える。


c0180009_1291687.jpg


c0180009_1293345.jpg


c0180009_1295012.jpg




小さい頃大好きだった絵本 “ きかんしゃやえもん ” 。

何度も何度も読んだ。

煙りをもくもく吐き出して、沿線の人たちに迷惑をかけてしまう。

私が小さい頃でも、SL は時代遅れの乗り物として

描かれることがあった。

やえもんのえらそうな顔も、悲しそうな顔も覚えてる。



早くてかっこいい新幹線。

それが今の時代なんだろう。

それは仕方ないことかもしれない。


でも、今でも観光の一環として SL ががんばっているところもある。

以前、熊本の阿蘇を走る “ SL あそ BOY ” に乗った。

確かに、窓を開けていると煙りが入ってくるし、すすも飛んでくる。

でも、大きな音をさせながら坂道を登り、

郷愁を呼ぶ汽笛を聞くと、なぜかなつかしく切なくなる。



SL の汽笛は・・・悲しい。

恥ずかしながら、うるうるしてしまう。

戦前・終戦直後を体験しているわけでもないのに・・・。



石炭をくべて蒸気で走らす。

昔の人の英知には感心するばかり。



こわい~と泣いていた子供も、

きっといつかこの SL たちの良さがわかる時が

来るにちがいない。


c0180009_12344164.jpg


c0180009_12373098.jpg




ちなみに・・・


c0180009_12323585.jpg


c0180009_12275772.jpg



よく見る D 51 とか C 62 のアルファベット。

これは車輪の数を表しています。


C は A, B, C, の三番目だから3つ。

D は4番目だから4つ。


c0180009_12301757.jpg



↑ は車輪が4つなので D 。




SL マメ知識でした。
by judy_loves_jazz | 2011-08-01 12:33 | Daily.

大好きな Darling 。 ビーグル犬♂ビール。黒ネコ♂しじみ。ふたりとニ匹@神戸。でも将来は Hawaii に住むんです。               (ハリネズミ♀つくね@Rainbow Bridge)


by judy_loves_jazz
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る