<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Seattle - 12 - 。

4泊の海外旅行なんて、ほんとアッと言う間。

ア・・・と、口を開ける間もないかもしれない。



もう少し長く居られるようにすれば良かった。

またチャンスがあったら、

イチローがマリナーズに居る間に、もう一度来たい。



ホテルからの眺め。

c0180009_1482321.jpg


c0180009_1472062.jpg


c0180009_1474211.jpg


c0180009_148875.jpg



朝に弱くて、5分でも1分でも寝ていたい私だけど、

時差ボケ効果で、毎日朝日を眺められた。

夜は 21:00 頃まで明るいので、目一杯時間を使える。



バスから見えた Space Needle 。

c0180009_14463434.jpg


たくさんのアンテナと一緒に写っていて、

どこかの基地みたい。




住宅街 Queen Anne で。

c0180009_14492971.jpg




スタバで注文時に名前を聞かれて答えたら・・・。

私の名前は・・・何??

c0180009_14504353.jpg





オレンジ色が好きな私には嬉しい、オレンジタクシー。

c0180009_14113492.jpg




日本では考えられない色の観光バス。

c0180009_14122255.jpg




第二次世界大戦の時に使っていた水陸両用の車が観光に使われていて、

ガイドの人の話しに大笑いしたり、一緒に歌を唄ったりして大騒ぎ。

c0180009_1414361.jpg




最近は日本の書店にも増えて来ているけど、カフェが併設されている。

BARNES & NOBLE の中のスターバックス。

お店の名前が書かれている。

c0180009_1419566.jpg




BARNES & NOBLE は、アメリカ最大手の書店。

でも、電子化やネット販売の影響で身売りが検討されているんだとか。

同じく有名な BORDERS は今年2月に破産。

書店好きの私としては、とっても悲しい。



もちろん日本の本屋さんも大好きなんだけど、

海外の本屋さんはもっと好き。

必ず探して、毎日のように通い、数時間過ごす。



ほとんどが読めない本ばかりだけど、

本の表紙デザインを見たり、匂いをかいだり(笑)。

洋書・・・ Paperback 匂いも雑誌の匂いも、好きなんよなぁ。

洋書の匂いをかぐと海外に居るように感じる。

あ、COSTCO に入った瞬間も同じ。


洋書の匂いをかいで、うっとりする姿は、

ちょっと変態?ぽい??



土曜の昼下がり。

広場でチェスをするおじさん。

これ、どこから持ってくるんだろ。

c0180009_14295684.jpg




セグウェイに乗って移動中。

c0180009_14303491.jpg





旅行先で必ず探す看板。

c0180009_1431257.jpg


PISO MOJADO は、スペイン語かな。




The 1st. Starbucks の近くにあるお店。

とても落ちついていて、居心地がいいので何回も通った。

c0180009_1433536.jpg


c0180009_1434647.jpg



ここで、買ったばかりの小説を広げていたら、

女の人に声をかけられた。

“ その小説、私も気になっているんだけど、どう? いい? ” と。



こんな光景にさえ、アメリカを感じる。

日本にも、そういう風に声をかけられる人もいるだろうけど、

買った小説にカバーをかけて、話しかけてくれるなよ・・・って人ばかり。

自分もそうだけど、小説の感想を聞ける勇気は無い。



“ あぁ~なんで私はアメリカ人じゃないんやろ。 ” と、

Seattle に居る間も、日本に帰って来てからも

何度も何度もそう思った。 

落胆した。




いろいろ経験をして、冒険をするのには、

ちょっと年齢が過ぎてしまってるし、

何といっても既婚者なので、追いかけたい夢も限られている。



そう思う中で、やっぱり海外旅行は外せない。

止めたくない。



次は、いつ行けるのか?

行けるとしたら何処に行けるのか??



人生、あと何年?

グズグズしてられない。
by judy_loves_jazz | 2011-06-09 14:52 | 2011 SEATTLE

Seattle - 11 - 。






今回の Seattle への旅行で、

一番印象に残っているのは “ Mary Poppins ” のミュージカルかな。



マリナーズの試合も捨て難いけど、

“ Mary Poppins ” の舞台は本当に、本当に良かった。


出発の数日前に、Paramount Theatre で公演をあるのを知って、

チケットを予約した。


予約したチケットを窓口で発券してもらうと $5 かかるので、

家でプリントアウトして持って行くことに。

便利は便利なんだけど、半券が残らないのがちょっと残念かな。



Paramount Theatre は、ホテルから歩いてすぐだし、

お店がたくさん並ぶメインストリートの近くなんだけど、

ちょっと歩くだけで、とっても寂れた雰囲気の場所。


c0180009_1259327.jpg





Seattle に着いた初日の夜 19:00 からの公演。

開場予定の 18:00 に着くように劇場に。



劇場横には運搬のトラックが。


c0180009_12592046.jpg




劇場の前には数人居るだけだし、場所は寂れているし・・・

ガラガラだったら寂しいなぁと、ちょっと不安に。


でも、この告知ポスターを見たら、

そんな気持ちも飛んでしまう。

c0180009_1334732.jpg



光が反射してるけど・・・。

c0180009_1341377.jpg




館内に入り、早速パンフレットと舞台を録音した CD を購入。

中にはまだ入られなかったので、

椅子に座って、買ったパンフレットを眺めたり、グッズを買っている人を眺めたり。

地下にあるトイレに行って戻ってくると、

館内はたくさんの人でいっぱい。


小さい子供からお年寄りまで。

介助の為なのか、犬までいた。



数日前に取ったにも関わらず、

ひとりなので、1列目の真ん中。


両隣はおめかしをした小さい女の子とお母さん。

ステージと客席の間にはオーケストラピットがあり、

楽器の調整する音が聞こえてくる。

客席よりも地下にあり、上から覗けるようになっている。


オーケストラピットが珍しいのか、

大人も子供も覗きに来て、まるで動物園。



古さ加減がちょうどいい劇場。

広すぎもせず、狭すぎもせず。

1階も2階も超満員で、ちょっと寂しい気持ちになったのが嘘みたい。



Mary Popiins を初めて見たのはいつだったかな。

小さい頃に、テレビで見たんだっけなぁ。

DVD も映画本編だけが入っている分と、

40周年記念盤を持っていて、

何回も何回も・・・観ている。

1964年に映画公開だから、映画と同じ年かぁ。私。



バンクス家に空からやってきた Mary Poppins が、

持ってきたボストンバッグから、

観葉植物や帽子掛けハンガーを次から次へと取り出す。

何も入っていないカバンから、いろいろと出てくるのを

ビックリ眼で驚く子供たち。



それは、私も同じだった。



テーブルの上にポンッと置かれたボストンバッグ。

その中から、本当に出てくるんだから!

1列目に座っていても、そのカラクリがわからなくて、

少し前のめりになって、Mary Poppins のマジックを、

子供のように見てしまう。



そしてそのまま、Mary Poppins の世界に引き込まれて、

自分もバンクス家の子供になった気分になってきて、

ステージに居るような気持ちにもなってくる。



休憩を挟んで、約3時間の舞台。



陳腐な表現だけど、夢のような時間だった。

本当に、本当にすばらしい時間だった。



今、自分がどこに居るのか?

どこの国に住んでいて、どんな言語を使っているのか?

悩みごとは何? 

気にかかっていることは何?

・・・ etc .



そんなわずらわしい気持ちなんか、これっぽっちも浮かばず、

3時間ずっと笑顔。それもきっと破顔。



出演者の人たちは、そりゃプロだから歌も踊りも素晴らしいが当たり前だけど、

こんなに人を幸せな気持ちにさせられるからこそ、

プロなんだなぁと思った。



観客もステージに上がりたいと思わせ、

そして、まるで上がっているような気持ちにさせる。



これまで DVD で何回も観てきたけど、

Mary Poppins を観て涙が出たのは、今回が初めて。



本当に、この世界に Mary Poppins が居るような気がしてきた。

東風が吹いたら、黒い傘を広げて空から降りてきてくれる。



Supercalifragilisticexpialidocious!


イヤなことがあっても、辛いことがあっても、

この言葉が全てを吹き飛ばしてくれる。


Supercalifragilisticexpialidocious!!!!
by judy_loves_jazz | 2011-06-08 13:49 | 2011 SEATTLE

Seattle - 10 - 。

アメリカに行った時の楽しみのひとつがスーパーマーケット。


でも、街中に見当たらなかったので、

バスに乗って、街から少し離れた閑静な高級住宅街の “ Queen Anne ” へ。

c0180009_17282568.jpg



c0180009_17284281.jpg




3ブロックほどの間の道路両脇に、お店が並んでいる、本当に閑静な町。

c0180009_17334898.jpg





一般的なスーパー “ Safeway ” や、

私の大好きな “ Trader Joe's ” 。


c0180009_1733148.jpg



ここのお店のエコバッグが、日本でも大人気。



果物キライの私でも、なぜか美味しいと思ってしまう並べかた。

c0180009_17345939.jpg




毎回スーパーマーケットで大量に物を購入してしまう。


住宅用の洗剤やドレッシング、調味料 ・・・ etc 。


今回も、ホットドッグを作る時に使うケチャップ、マスタード、刻んだピクルスが

セットになったのとか、トイレ用洗剤も。



日本にも同じようなものはあるんだけど、

容器がかわいかったり、洗剤なら匂いが良かったりするからね。

ついつい・・・。


( スーツケースに入れて帰る時に、漏れたりしないように、

 日本から、ガムテープ持参は必至。 )



それをリュックと手提げ袋に分けて入れて歩く姿は、

まるで“ 戦中戦後の買出し ” みたい。


Queen Anne を少し下ると、

Space Needle や街を見下ろせる“ Kerry Park ” がある。

c0180009_1743627.jpg



c0180009_17432099.jpg




公園と言うよりは、ちょっとした休憩場って感じかな。

c0180009_17435237.jpg




ここでもやっぱり、重く垂れ下がったリュック姿の私は、

きっと浮いてたやろな。



街と Queen Anne はバスで30分弱。

最初は、歩いていろいろと周って、ゆっくり見ながら帰ろうと思っていたんだけど、

夏日のような暑さと、コンクリートブロックを何個も背負ったような重さに耐え切れず、

途中で歩くことを断念。



ちょうどバスが来たので飛び乗り、


自分が歩くはずだった道をバスの中から見る。




“ この距離を歩くつもりやったんか・・・。 ”と思って、

予定変更をしてバスに乗った自分を褒めた。



ホテル近くで適当に降り、取り敢えずスタバを探して、


c0180009_17524451.jpg



アイスコーヒーを一気に飲んだ。

c0180009_1753210.jpg






あって良かったバスとスタバ。
by judy_loves_jazz | 2011-06-06 17:54 | 2011 SEATTLE

Seattle - 9 - 。







Seattle のシンボルと言えば “ Space Needle ” 。

展望台です。


Seattle を舞台にしたアメリカのドラマ “ Grey's Anatomy ” にも、

Seattle にある病院だ・・・ということを証明するかのように、

何度も登場する。



“ Seattle Center ” という広い公園の中に、

堂々とそびえ立っている。


c0180009_17101042.jpg





噴水のお水が吹き出ていない時は、

このお椀の中で子供や犬が走り回っている。

c0180009_17162716.jpg




数分間隔で、徐々に音楽がなり出すと、

気前良く水が噴出し、キャーキャー言いながらもみんな濡れるのを楽しんでいる。

c0180009_1719532.jpg



c0180009_1720718.jpg





長閑で穏やかな平日のお昼過ぎ。
by judy_loves_jazz | 2011-06-05 17:20 | 2011 SEATTLE

Seattle - 8 - 。

Seattle は神戸の姉妹都市。

海と坂道・・・そう言われてみれば、

似ているかも。


海があるならフェリーに乗ろう!ということで、

Pier 52 からフェリーに乗って、Bainbridge Island へ。


運賃は $7.10 。

Seattle 側で購入。

往復運賃ではなくて、正確には片道。

島から街に行く人も、街から島に行く人も、

必ず元の場所に戻るだろうから、

島側に置く券売機やチケット発行の手間や費用を省いて、

運賃を安くしよう・・・という考えらしい。


これはバスも同じで、

街中の指定されたエリア内での乗り降りは、

無料になっている。


高速道路の無料もそうなんだけど、

人々が利用する交通機関を、

なるだけ安くしよう、利用しやすくしようっていうのが、

アメリカの考えなのかもしれない。



大型フェリーには、わずかな乗客。

午前中の早い時間に、街から島に行くんだから、

少ないのも当たり前か・・・。


c0180009_1142154.jpg



かもめが鳴きながら飛び、

汽笛が聞こえる・・・たった35分の船旅なのに、

なぜか長旅に感じてしまう。

TV や映画の観すぎか・・・。



Seattle のシンボルである “ Space Needle ” も

少し頭が見える。

c0180009_1175586.jpg




   とここで私の失敗を。

   実はフェリーに乗る前日、デジカメの充電器、

   間違えて違うのを持って来てしまったことに気が付いて、

   カメラ屋さんを探し、充電器か電池を売ってないか聞いたんだけど、

   “ NO! ” の返事。

   もうそれはショックでショックで、どこをどう歩いたかも覚えていないほど。

   いたるところで “ どこかにカメラ屋さんありませんか? ” と聞き、

   あっちこっちをフラフラ。


   “ もう仕方ない。デジカメを買うしかない! ” と思い、

   フェリーに乗る前にカメラ屋さんに行ったんだけど、

   お店は閉まっていて、開店時間はまだまだ先。


   数時間時間を潰すほどの余裕も、場所もないので、

   仕方なくフェリー乗り場へとぼとぼ歩く。


   で、フェリーから撮った写真は iPhone 。

   ズームの使い方も知らず撮ったので、

   どの写真も全て遠目。

   今どきの携帯電話のカメラ・・・ズームくらい付いてるのに、
 
   それさえも気がつかないほどの落胆。


   でも、iPhone を持って行くか? iPad を持って行くか?を悩んで、

   iPhone にしておいて良かった。







決してキレイな海ではないけど、静かにゆっくりと海を往く船は、

やっぱりいいなぁ。

c0180009_11213156.jpg



c0180009_112214.jpg




昔、舞鶴港から小樽まで、数日かけてフェリーでよく行ったなぁ。

時間を気にせずにゆっくりと。

何で最近は、全てにおいて余裕がないんだろ・・・って思う。




近づいてきた Bainbridge Island 。

c0180009_11382418.jpg



ガイドブックによると、島をウロウロするには車が必要らしい。

この日は Seattle に戻って行きたい場所もあったので、

そのまま同じフェリーに乗って戻った。



街と島の往復約1時間。

往く先にある島や、遠くになっていく街を交互に見ながら、

日焼けも気にせず甲板でいろんなことを考えた。



狭い日本にさえ知らない人や会ったことのない人はたくさんいる。

それを世界まで広げると、想像もつかなくて不思議な気持ちにさえなる。

行ったこのない場所もたくさんたくさんあって、知らない場所もある。



そう考えだすと、自分ってちっちぇ~なぁって。



何のプランもなく生きてきて、したいこともなりたい職業も決められず。

もしかしたら、こんなバカでもいろんな可能性がたくさんあったのかもしれないのに。



って、今更気が付いたって遅いことばかりが浮かんでくる。

特に、英語をなかなか完全にマスターできず、

でも英語に関わっていたいと思うから、

海外に来ると、今、自分が居る状況(選んだ状況?)を嘆きたくなる。



このフェリーの上で、ほんと、いろんなことを考えた。
by judy_loves_jazz | 2011-06-04 11:42 | 2011 SEATTLE

Seattle - 7 - 。

一度は本場アメリカで大リーグを観戦してみたい。

それがイチローなら、尚更観てみたい。


まだまだイチローは大リーグでやっていけるだろうけど、

せっかく Seattle に行くんだから、観ておきたい。



3月。

チケット発売日にマリナーズの HP でチケットを予約。


チケットは当日、球場窓口での受け取り。

その際に、購入に使ったクレジットカードとパスポート持参。

パスポートかぁ。あまりパスポートを持ち歩きたくないんだけどな。

アメリカの IDカードがあれば一番なんだけど。

日本の免許証を出しても仕方ないしね。



ホテルからゆーーーっくり歩いて30分。

SAFECO FIELD だ!

c0180009_1153309.jpg



球場の壁にイチローを発見。

c0180009_1154374.jpg



おぉ~わくわくする!



さてさて、目についた入り口から入ったものの、

今自分がいる場所から、指定の席まで行けるのか??と思って、

チケットを係りの人に見せたら・・・

“ It's so great seat!!! You're lucky! ” と満面の笑み。


日本の球場と違って、席のランク毎にフェンスが無いので、

どこからどの席にでも行ける。


c0180009_1255432.jpg



30分歩いて、とにかく喉が渇いたので、

まずはレモネードを。

c0180009_1212796.jpg


レモンが丸ごと1個入っていて、とっても美味しい!!!

この美味しさには、正直ビックリ。

c0180009_1221167.jpg




指定された席は、バックネットのすぐ後ろ。

c0180009_1234957.jpg


c0180009_124211.jpg


c0180009_1244126.jpg




わぁ~TV で見たぞ!見たぞ!と一人興奮。



練習を終えた選手がファンサービスでサインをしていたので、

ショップで買った帽子にサインをしてもらう。

c0180009_1275035.jpg



試合開始まで2時間ほどあったので、

ビールを飲んだり・・・

c0180009_1210077.jpg


頭にホットドッグのぬいぐるみを乗せた売り子のおじさんをみたり・・・

c0180009_12105245.jpg




この日は Los Angeles Angels との試合。

両チームのスターティング・メンバーが発表されると、

球場も大歓声。

c0180009_12143656.jpg



そして、試合開始前にはオペラ歌手の男性が国歌斉唱。

c0180009_12154593.jpg




更に7回表が終わると、また全員が起立をして、

“ Take me to the ballgame ”  という歌を一緒に歌う。



アメリカの人たちが自分の国をどれだけ大切に思っているか、

そして、野球をどれほど愛しているかがわかる。 感動した。



試合が始まり、ライトのポジションについたイチローを、

望遠レンズをありったけ伸ばして撮っていると、

c0180009_125972.jpg


隣りに座っていたおじさんに肩を叩かれて、言われた。



“ あのライトのところまで行って、客席までおりて撮っておいで! ”


正直、そこまでして写真を撮りたいわけじゃなかったけど、

せっかくおじさんが言ってくれたので、

ライトスタンドまでとぼとぼ歩いて行ってみた。


通路に係りの人が立っていて、チケット確認をしていたので、

下にはおりず、その場で撮ってみた。

c0180009_12222742.jpg


c0180009_12223898.jpg


手のひらサイズのデジカメって、こんな程度。



自分の席に戻ると、おじさんが自分の家族を紹介してくれた。

奥さん、息子さん、そしておじさんのお父さん。

昔アメリカ軍の軍人さんで、横浜に住んでいたんだとか。


私が、日本に旦那を置いてひとりで Seattle に来た・・・と言うと、

周りの人たちが振り向くほど大きな声でビックリされた。


家族の方はみんないい人で、ひとりで見る予定の試合を、

楽しく5人で見ることができた。



こういう出会いがあるのが、ひとり旅のいいところなんよなぁ。

結婚するまでは何回もひとりで行ってたんだけど、

結婚後はなかなかその機会がなく、

今回が5年ぶりのひとり旅。


独身時代は全く思わなかったんだけど、

今回、出発前はとても心寂しくて、切なくなったんだけど・・・

やっぱりひとり旅はやめられそうに・・・ないっ!




おじさんがくれた落花生。

カラを空いたビールのコップに入れていたら、

“ カラは床に捨てていいんだよ。試合後にでっかいホースで掃除するから。 ”

と言われて、反対隣りの人の床をみたら・・・こうなってた。

c0180009_12344632.jpg




ちょっと抵抗あるなぁ~と思いつつも、

ここはアメリカ!

コップに入れたカラも床に捨てて(←これは余計だった?)、

またビールを注文。



“ 晴れを日本から連れて来てくれてありがとう! ”って言われたほど、

私が行くまでの Seattle は雨続きだったとか。



雨の日は、右手にあるこの大きな屋根がグラウンドをすっぽりと

覆うんだって。

c0180009_1240577.jpg




この日は、1対1で迎えた9回裏の2アウトに、

マリナーズの選手が大きなライトフライを打って、

あぁ~取られたぁ。アウトやぁ。と思って、

いったん上げた腰を戻した瞬間・・・相手の選手がポロッ。


そう。サヨナラ勝ち。


なんともあっけないサヨナラ勝ち。

だけど、勝ちは勝ち。

おじさんと勝利のハイタッチ。



最後はあっけない勝ち方だったけど、

やっぱり本場アメリカで観る野球はほんとうに良かった。


c0180009_1333374.jpg





イチローは日本人の誇りだ・・・と痛感した。

小さい男の子がイチローの背番号のユニフォームを着ていたり、

イチローが打席に立つと大歓声が上がり、フライを取ると拍手が起こる。

c0180009_12485081.jpg



当たり前のことなんだろうけど、イチローはアメリカの人たちに、

受け入れられているんだな・・・と思った。


c0180009_1249916.jpg




ここまでくるには、想像以上の努力があっただろうし、

今でも続くイチローのストイックさも知っている。


ほんと、イチローが誇らしい。

c0180009_12502842.jpg



今の日本は大嫌いだけど、イチローと同じ日本人であることが、

すごく嬉しく思った数時間だった。




この日、来場者に配られたハエたたき。

“ 日本でひとりで待ってる旦那にあげなさい。 ”と、おじさんが一本くれた。

c0180009_12524769.jpg




どうもありがとう!



でも、このハエたたきのモデルでされた選手・・・

ちょっとかわいそう。
by judy_loves_jazz | 2011-06-03 12:55 | 2011 SEATTLE

Seattle - 6 - 。

街をウロウロしているだけでも、

日本とは違いを感じて、なんてことないお店なのに、

ついつい写真を撮ってしまう。



スタバ発祥地なので、いたるところにスタバがあるし、

いろんなカフェもたくさん。

日本でコンビニを目にするよりも、もっとある。

c0180009_11265911.jpg


c0180009_11272440.jpg


c0180009_11273776.jpg




Seattle は美味しいチョコレートのお店がたくさん。

c0180009_11291020.jpg




チョコレートでデコレートされたりんご。

c0180009_11295468.jpg


c0180009_11301067.jpg




本屋さん。

c0180009_11314548.jpg




チーズ専門のお店。

c0180009_1012720.jpg


c0180009_10122022.jpg


c0180009_10123029.jpg


チーズを使ったサンドがおいしそうだったんだけど、

この日はそんなにお腹ががすいてなかったのでパス。

別に日に行ったら、長蛇の列で断念。




ピーナッツ屋さん。

c0180009_11321373.jpg



カラフルなくだもの屋さん。

c0180009_1132481.jpg



シアトル美術館の前にある巨大な “ Hammerring Man (ハマリング・マン) ” 。

c0180009_1138211.jpg





狭い街とは言え、この急な坂道。

c0180009_11342875.jpg



持参した万歩計は、

その名前のとおりの数を毎日カウントしてくれてた。
by judy_loves_jazz | 2011-06-02 11:38 | 2011 SEATTLE

Seattle - 5 - 。

Seattle で有名と言えば『 Pike Place Market 』 。


ちょうどスタバ1号店の海側にあって、

日時を問わずたくさんの人でにぎわっている。


c0180009_1044325.jpg




その中でも特に有名なのがココ。

『 Pike Place Fish Market 』

c0180009_1046274.jpg




お客さんから注文を受けたお兄さんが、カウンター内にいる人に、

その魚を投げる! 投げる!

c0180009_1047112.jpg


c0180009_1048714.jpg





シャッターチャンスを狙ってみたけど、

その勢いと大声にビックリしていつも狙えず。



狭い市場内は、色とりどりの食べ物や花でとっても鮮やか。

c0180009_10513335.jpg


c0180009_10515491.jpg


c0180009_1052781.jpg


c0180009_10522123.jpg




ベールなのか??何なのかちょっとわからなかった。

c0180009_10531711.jpg




石を彫って作られた置物。

しゃけを咥えた熊・・・北海道だけじゃないんだ。

c0180009_10541913.jpg



トム・ハンクスとメグ・ライアンの映画『 めぐりあえたら 』 で、

トム・ハンクスが食事をしてたお店。

c0180009_1120512.jpg





市場のマスコット。

メス豚のレイチェル。

市場創設79周年の記念に作られたものらしい。

c0180009_105742.jpg



ご利益がやるのか?あったとしても何のご利益がわからないけど、

こういうのを撫でてしまう。



警察官と馬が、この市場あたりを見守ってくれていた。

c0180009_10594494.jpg


動物好きの私・・・なかなかこの場から離れ難くて、

いつまでも立っていたら、やたらと“ シャッターを押してくれますか? ”と頼まれる。



The BEATLES の曲を演奏する人たち。

c0180009_112830.jpg


どことなく似てるんだけど、なんで3人なんだろ?

どうせならあと一人加えればしっくりくるのにね。



この市場が地元の人の台所だとは思わないけど、

市場がにぎわっているっていうのは、単純に、イイなと思った。


c0180009_11183029.jpg

by judy_loves_jazz | 2011-06-01 11:17 | 2011 SEATTLE


大好きな Darling 。ビーグル犬♂ビール。黒ネコ♂しじみ。ふたりとニ匹@神戸。(ハリネズミ♀つくね@Rainbow Bridge)


by judy_loves_jazz

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

2018 HAWAII 3r..
at 2018-10-31 12:53
2018 HAWAII 2n..
at 2018-10-13 15:16
2018 HAWAII 1s..
at 2018-09-29 16:36
2017 San Franc..
at 2018-09-18 17:24
2017 San Franc..
at 2018-09-17 18:44
2017 San Franc..
at 2018-09-16 13:00
2017 San Franc..
at 2018-09-15 15:47
2017 San Franc..
at 2018-08-26 16:01
2017 San Franc..
at 2018-08-19 15:38
2017 San Franc..
at 2018-06-12 12:41
2017 San Franc..
at 2018-05-13 15:34
DREAMS COME TR..
at 2018-02-28 11:51
ボストン美術館の至宝展
at 2018-02-08 15:57
ディズニー・アート展 ≪ い..
at 2018-02-06 15:31
ARSHI LIVE TOU..
at 2018-02-05 15:28
2017 SAN FRANC..
at 2017-10-18 11:16
日本海 と BBQ と ジェ..
at 2017-09-12 11:58
神戸花月。
at 2017-09-11 11:58
2017 SAN FRANC..
at 2017-08-15 12:48
REBECCA LIVE T..
at 2017-07-30 18:03

カテゴリ

全体
Daily.
Darling.
Beer,Tsukune,Shijimi
Books.
Music.
Trip.
Movies.
Moss
・・・etc.
2016 HAWAII
2014 ANAHEIM
2013 HAWAII
2011 SEATTLE
2010 GUAM
2009 HAWAII
2017 SAN FRANCISCO
2018 HAWAII
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
はなももの別館
はしもとみおのナマケモノ日記
Kippis! from...
ひとりぼっちランチ
おいしい*きっかけ
bread table

画像一覧