人気ブログランキング |

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『 四十九日のレシピ 』 伊吹 有喜 。

久しぶりに、一気に読み込んだ。

最後まで、私は泣き通しだった。

泣ける小説がいい小説・・・ってわけじゃないけど、

四十九日のレシピ 』 は味のある小説だと思う。


  母であり妻である乙美さんが亡くなった。
  
  残された娘と夫の為に “ レシピ ” を残していた。

  それは、残された家族が再生できる “ レシピ ” 。

  父娘を取り巻く様々な人たち。
 
  その人たちをも巻き込んで、みんなが再生していく。



亡くなった乙実さんの娘・百合子さんに、

感情移入してしまって、ハラハラ・ドキドキ・・・一緒に悩んだ。

だーだー泣いた。

子供ができなくて、気がつけば夫とうまく行かなくなっていた百合子さん。

彼女の心の細かい機微が、痛くて痛くて苦しかった。



夫とうまく行っていない娘を心配する父・良平さん。

妻を亡くして自暴自棄になっていたけれど、

乙実さんが残したレシピや、

新しく出会った人たちと関わりながら再生していく。



読み終えた後も、後味がジワ~っと湧いてきて、

本を膝に置いたまま泣いていた。



よく考えられて、練られた小説だと思う。

個性のある人たちが、それぞれに関わりながら、

前へ進みながら変わっていく。



きっと、今の私だからわかる小説なのかもしれない。

子供がいたらわからない痛みがある。

百合子さんの言葉や、伯母さんのキツイ言葉に、

助けられたり、傷ついたり。


小説って、タイミングだと思う。

いつ、どんな小説に出会うか。

心の傷が多ければ多いほど、

楽しいことが多ければ多いほど、

そのタイミングに出会えるチャンスが多いはず。



私のこんな下手な読感では、

この小説の本当の良さはわからないし、

他の人が読めば、また違う涙が流れるかもしれない。


ぜひ、買ってゆっくり読んでもらいたい。

文庫本になるのを待たずに、読んでもらいたい。

一度読んだ本は、二度と読まない私が、

この本は手元に置いて、またいつか読み返そうと思った本だから・・・。
by judy_loves_jazz | 2010-03-29 16:27 | Books.

The Hurt Locker 。

アカデミー賞やろ!やっぱり!  と思った。

アバターじゃないやろ。  と思った。


戦争もんの映画・・・が苦手な人も、

時間があれば是非観て欲しい。

これは戦争の映画じゃない。

ヒューマン映画だと思う。



人間の強さ。

人間に弱さ。

人間の優しさ。

人間のズルさ。



軍人として戦地に行く。

今の日本では在り得ない状況。

爆弾処理班として、自分の命をかけて任務を全うする恐怖。

自分の目の前で、ついさっきまで生きていた人が一瞬にして消えてしまう。

映画だとわかっていても、背筋が凍る思いをした。

仇打ちの戦争は、終わりが見えない。


アメリカの人たちがこの映画を観て感じることは、

きっと平和ボケした私たちとは、きっと違うんだろう。

N.Y.から軍人としてやって来て、横浜ベースで働く友人。

彼女に感想を聞いてみたいけど、

彼女が持つ、私にはわからない恐怖や傷を

更に痛めてしまいそうで聞けない。



映画が終わり、エンディングロールが流れてきて、

涙が出た。

そして何故か、40年以上も前に縫った左膝の傷が、

ズキズキと痛んだ。



いい映画だった。

The Hurt Locker ” ほんといい映画だった。
by judy_loves_jazz | 2010-03-25 17:21 | Movies.

Dinosaurs .

映画 『 ナイト・ニュージアム 』 の舞台にもなった、

N.Y. にある自然史博物館 (The American Museum of Natural History) 。

この博物館で恐竜(骨、卵等)を見てから、恐竜にすごく興味が湧いた。


去年気になりつつも、東京での開催だったので行けなかった“大恐竜展”が、

やっと大阪私立自然史博物館での開催が始まった。(3月20日~5月50日)

N.Y. で見たものを期待すると、ガッカリしそうなので “ 期待半分 ” で

行こうと思う。

一日でも早く行きたいけど・・・そろそろ子供たちが春休みに入るので、

ゆっくり落ち着いて見る為にも、4月中旬までガマン。



更に期待大なのが 『 Walking with Dinosaurs 』 。

去年カナダの友人が行き、大絶賛!!!

そのうち日本でも開催されるだろうとは思っていたけど、

こんなに早く実現するとは思っていなかった。


やっぱり迫力を体験するならV.I.P.席やな!

・・・う~んでも高いなぁ~と思いつつ、

悩みに悩んでV.I.P.席を確保。


大阪は7月公演だから、まだまだ先。

待ち遠しいなぁ。

今年は大好きな恐竜の話題が多くて Lucky 。


チケット代は少々高めですが・・・興味のある方は是非!
by judy_loves_jazz | 2010-03-20 17:18 | Daily.

大人になれない親。

人それぞれの悲しみは、他の人からみるとわからないものである。


自分の置かれている立場がどれだけ幸せなのか、

自分の周りに居てくれている人がどれだけ大切な存在なのか。



最近多く報じられているニュースを耳にする度にそう思う。


子供が泣く。

自分の時間が無い。

かわいいと思えない。

言うことを聞かない。

・・・ etc 。


それらの理由で子供を虐待し、死なせてしまう。

殺してしまう。


子供を授かることができなかった私にとって、

こういうニュースは、腹立たしさ以上の怒りが湧く。

自分のお腹で数カ月育てて、大変を思いをして産んでいるのに、

何故そんなヒドイことができるんやろ。


きっと生まれた時には “ かわいい!” と思い、

子供のことを考えながら名前を考えただろうに・・・

それなのに、何故。



子供を授かることは奇跡だと思う。



自分の傍に、血を分けた子供がいる。

そのことが、どんなに幸せなことがわかって欲しい。

気がついて欲しい。

自分が生きて来た人生を次の世代に残せなくて、

どれだけ悲しい思いをしている人が多いことか。

自分勝手な親たちが殺してしまう我が子という存在を、

どれだけ望んでいる人たちがいることか。


親だけを見て、親だけを頼りにしている子供たちを、

どうかどうか大切にして欲しい。

まだまだこれから楽しいことがたくさんある子供たちに、

苦しみや悲しみといった負の感情を味わせることは止めて欲しい。



敢えて批判を覚悟して言わせてもらえるなら、

この世に神さまはいらっしゃらないのか?と思ってしまう。
by judy_loves_jazz | 2010-03-18 15:00 | Daily.

救難飛行艇 “ US-2 ” 。

神戸市の深江浜にある新明和工業。

数か月前から、とっても気になっている会社。


海上自衛隊に納める水陸両用の救難飛行艇 “ US-2 ” の、

テスト飛行が行われている。

と言っても、日時が発表されているわけではないので、

少ない情報を頼りに、長時間待つことを覚悟して向う。


c0180009_10314431.jpg



新明和工業の対岸から、チラッと見える飛行艇。

飛び立つ時に出会えればいいんだけど、いつもこんな感じ。

大きな壁で隠されている。


深江の橋からの写真は・・・。
c0180009_1033581.jpg



5mの高波でも離発着が可能。

新明和工業から出発して、西宮沖でテストを繰り返されているらしい。


悔しいことに、何度も通っているのに、この大きな壁が開くところを

見たことがない。

エンジンがかけられていて、驚くような大きな音を聞いただけで、

その雄姿をまた見ていない。


今、新明和工業にあるのは、このオレンジの飛行艇と、

あともう一台、紺色のものがある。


テスト飛行の日時の情報が得られればなぁ。

ま、これからもチャンスを狙おう!



海側から見た神戸の山々。

c0180009_10445350.jpg




3月10日。

久しぶりに見た六甲山系の雪。

c0180009_10453633.jpg




海と山に囲まれた神戸。

いい街だなぁ~と思う。

これで海がキレイなら、もっといいんだけど・・・。
by judy_loves_jazz | 2010-03-12 10:49 | Daily.

アカデミー賞 。

日本のアカデミー賞。

いつも思うんだけど、なぁんか・・・しょぼい。

いずれの作品も観ていない。


“ ヴィヨンの妻 ” も “ 沈まぬ太陽 ” も、小説で十分。

それぞれの解釈があるから、小説を映像にした日本映画は、

ガッカリすることが多いんよなぁ。



観る映画は、ほとんどアメリカの映画。

お金の掛け方が違うから、映画という娯楽を楽しめる。



もうすぐ発表される アメリカ アカデミー賞。

観たいなぁ~と思っている作品は2本。


The Hurt Locker

イラクに駐在するアメリカ軍の爆発物処理班の兵士を描いた作品。

プロデューサーがアカデミー会員に、投票を乞うメールを送ったことで、

問題になっているけれど・・・いい作品は、きっと認められると思う。



もう1本は “ Presious ” 。

育ちも容姿も恵まれていないアフリカ系アメリカ人の少女が、

理解ある人たちとの出会いで、愛を得て成長していく作品。

受賞するには、少しだけインパクトが薄いかもしれないけど、

観る価値はあると思う。

サントラも、私好みだし。



んで、最有力候補の “ Avatar ” 。

観てないんよなぁ。

話題作りの為に観た方がいいのかなぁ?と思いつつ、観ていない。

アメリカやカナダの友人が口を揃えて、

“ 映像はいいけど、内容が無い。薄い。 ” と辛口の評価。


それに、映画館で予告編を観た時に、

“ 何やこれ。気持ちわるぅ。こんな映画観ぃひん。” と直観的に思った自分も居て、

重い腰は上がらないまま。


だって気持ち悪いやん。

ブルーの生き物。
by judy_loves_jazz | 2010-03-06 17:07 | Movies.

はたらくということ。

まさにコレだ。

ほぼ日イトイ新聞 』 の中の “ おとなの小論文教室 ” に、

ここ数年、私の気持ちがスッキリしなかった原因が書いてあった。

どうにもこうにも言葉に表わせなかった気持ちを、

わかりやすく文章で示してくれている。



結婚して仕事を辞めて専業主婦をしていた。

約3年間・・・家でボーッとしていた。

母親もずっと専業主婦だったし、

40過ぎまで働いていたから、結婚したら専業主婦になりたかった。

大した資格も無く、飛び抜けたキャリアがあるわけでもなく、

ただただ大学を卒業して40過ぎまで働いた・・・それだけ。


だから Darling に食べさせてもらって、

時間に縛られることもなく、次の日の仕事を気にすることもなく、

決算や年末調整や何やら・・・煩わされることもなく、

毎日を過ごしたかった。


でも、いつも罪悪感があった。

確かに、主婦の仕事も大変だ。

完全なる休みの日なんてないし、

体調が悪くてもご飯を作らないといけないし、掃除も洗濯もある。


でもね、社会に出るという緊張感や我慢やいら立ち。

そういう社会における戦いに比べると、主婦はやっぱり楽チンだと感じる。

私はね。


“ 働かざる者、食うべからず。 ”

更に私の場合は “ 飲むべからず。 ” も加わる。


何か物ひとつ買う時も、罪悪感。

ビールを飲んでいても、罪悪感。

Darling の実家に行っても、肩身の狭い思いをして、

旅行なんて・・・まるで犯罪者の気分。

自分勝手に罪を感じて、落ち込んで、消えてしまいたかった。


今から思うと、相当に荒れていた。


去年の1月に、思い腰を上げて Starbucks の面接を受けて、

4か月ほど仕事をして、

その後しばらく家に居たら、また心の調子がおかしくなって、

11月から、今の仕事をしている。


たとえ数時間だとしても、仕事がある日はやっぱり憂鬱になる。

仕事自体がイヤなわけでも、周りの人たちがイヤなわけでもない。

数年間、自分の殻の中でのほほ~と過ごして来て、

敵も、私を傷つける人もいない時間の居心地の良さを知っているから、

どうしても “ あぁ~、また仕事やぁ。 ” とつぶやいてしまう。


でも、自分が社会に出ている。

つながっている。

かかわっている。

この安心感は、私の心をフラットにさせる。


自分が働いたお金で物を買う。

自分が働いたお金で飲みに行く。

自分が働いたお金でプレゼントをする。


たかが主婦のパート仕事でも、自分の役割を感じられる。

これが仕事をする意味だと思う。



“ あぁ~仕事の後のビールは美味しいっ! ”

この言葉を言えるっていうのも、大切なこと。



社会に出て、仕事をしている人。

いろいろあるけど、明日からもがんばりましょう!





そして、就活を始めた親愛なる千葉の友達へ・・・。

かつて深夜まで働いていたほどのバイタリティーがあるあんたやから、

私も何も心配していません。

ゆっくりと社会に一歩踏みだそっ!

大丈夫。 心配するな。
by judy_loves_jazz | 2010-03-03 18:35 | Daily.

悔し涙 。

結婚して、緊張するってことが少なくなった。

悔しい思いをすることも・・・。


学生の頃は、試験で緊張したり、好きな子の前で緊張したり・・・etc 。

そして、試験で悔しい思いをしたり、球技大会で負けて悔しい思いをしたり・・・etc 。


そうそう・・・好きだったチェッカーズのコンサートが始まる前、

吐きそうになるくらいに緊張していた。


でもほんと、最近は緊張も悔しい思いも無いなぁ。



浅田真央ちゃんのインタビューを見ていて思った・・・。


私には想像できないくらいの緊張をしただろう。

私には体験できないくらいの悔しい思いをしただろう。

そして・・・悔し涙。


悔し涙を流せるのは幸せかもしれない。

悔やんでも悔やみ切れないほどがんばってきた証拠。

もちろん嬉しい涙の方が良かったけど・・・

悔し涙は、きっとスパイスになるハズ。

毎日、のほほ~んと生きてる私が、

えらそうに人生を語れないけど・・・ね。


真央ちゃんの涙が、グッと心に刺さった。

忘れていた青くて苦い気持ちが蘇った。



でも本音は。

緊張と悔しさ。

今の自分が味わうのは、

ちょっと遠慮したいのが本心なんだけどね・・・。
by judy_loves_jazz | 2010-03-01 15:30 | Daily.


大好きな Darling 。ビーグル犬♂ビール。黒ネコ♂しじみ。ふたりとニ匹@神戸。(ハリネズミ♀つくね@Rainbow Bridge)


by judy_loves_jazz

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

2018 HAWAII 6t..
at 2019-01-12 14:00
2018 HAWAII 5t..
at 2019-01-11 13:02
2018 HAWAII 4t..
at 2019-01-10 12:39
2018 HAWAII 3r..
at 2018-10-31 12:53
2018 HAWAII 2n..
at 2018-10-13 15:16
2018 HAWAII 1s..
at 2018-09-29 16:36
2017 San Franc..
at 2018-09-18 17:24
2017 San Franc..
at 2018-09-17 18:44
2017 San Franc..
at 2018-09-16 13:00
2017 San Franc..
at 2018-09-15 15:47
2017 San Franc..
at 2018-08-26 16:01
2017 San Franc..
at 2018-08-19 15:38
2017 San Franc..
at 2018-06-12 12:41
2017 San Franc..
at 2018-05-13 15:34
DREAMS COME TR..
at 2018-02-28 11:51
ボストン美術館の至宝展
at 2018-02-08 15:57
ディズニー・アート展 ≪ い..
at 2018-02-06 15:31
ARSHI LIVE TOU..
at 2018-02-05 15:28
2017 SAN FRANC..
at 2017-10-18 11:16
日本海 と BBQ と ジェ..
at 2017-09-12 11:58

カテゴリ

全体
Daily.
Darling.
Beer,Tsukune,Shijimi
Books.
Music.
Trip.
Movies.
Moss
・・・etc.
2016 HAWAII
2014 ANAHEIM
2013 HAWAII
2011 SEATTLE
2010 GUAM
2009 HAWAII
2017 SAN FRANCISCO
2018 HAWAII
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 02月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
はなももの別館
はしもとみおのナマケモノ日記
Kippis! from...
ひとりぼっちランチ
おいしい*きっかけ
bread table

画像一覧