<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

秋の旅 @ 九州 - 4 ‐ 。

“ 知覧特攻平和記念館 ” 。

数年前からいつかは行ってみたいと思っていた。

行かなきゃいけないと思っていた。
c0180009_116267.jpg



3年前、広島の平和記念館を訪れてから、

平和を考えるようになった。

戦争を考えるようになった。



でも、平和にしろ、戦争にしろ、考えるのは難しい。

どう考えていいかわからない。

感じることしかできない。

憲法第九条がどうとかこうとか、

そんな、政治家が言い争うようなことではなく、

自分なりに考えてみたい。



実物ではないけれど、会館の回りに置かれているゼロ戦をみると、

こんなちゃっちい飛行機を信じて、飛び立って行ったのか?と思う。
c0180009_11113542.jpg

c0180009_11114798.jpg


このゼロ戦の前で、カップルがピースサインをして写真を撮っていた。

実物じゃないとは言っても、ピースサインはいかがなもんや??



知覧特攻平和記念館は、想像以上に立派で、来場者もたくさんいた。

残念なことに、館内は撮影禁止。

遺書、写真、寄せ書き、そして海から引き揚げられたボロボロのゼロ戦もあった。


それらの遺品を見ていると、泣けてしょうがなかった。

恥ずかしいと思いながらも、泣けて、泣けて止まらなかった。


もちろん、戦争はいいことではないし、あの時代も歓迎できるものではない。

だけど、どの人も両親、兄弟姉妹、恩師、友人、故郷の人たちに対する、

尊敬、感謝、いたわりの気持ちは、あの時代の人だからこそだと思う。


現代の、親を持つ子も、もちろん親を大切に思っている。

だけど、何かが違うような気がした。


豊かさと貧しさから来る違いかもしれない。



特攻隊員たちが、出撃までの日々を過ごした三角兵舎。
c0180009_11215891.jpg


ここで、遺書を書いたり、仲間と談笑したり、

出撃前夜にはお酒を酌み交わしていたらしい。
c0180009_11223880.jpg

c0180009_11225178.jpg


敵にみつからないように、松林の中に半地下壕をつくり、

地上には三角の屋根しか見えないようにしてある。


ちょうど、この三角兵舎ですれ違った中年のグループのひとりが、

他の人にこう話していた。



「 あの時代はみんな洗脳されていた。 」



洗脳? されていた?

私は、その言葉が引っかかった。


何に洗脳されていたのか?

誰に洗脳されていたのか?

あの恐ろしい国のように、独裁者ただ一人に洗脳されていたわけじゃない。

ただただ、国のため、親のため、兄弟姉妹のために、

自らの命を捧げた。

洗脳されていた・・・という簡単な言葉で、死んでいったわけじゃない。



記念館を後にする車の中で “ 洗脳 ” という言葉を考えた。

あのおじさんの考えが正しい?

いや、そんな簡単なものじゃない。

でも、洗脳なのか?

・・・etc



あの時代のすべてを調べるには、私には知恵が足りない。

著名な人の出版物を読むしかない。

でも、偏った意見にとらわれたくない。


記念館の売店で売られていた “ 知覧特別攻撃隊 ” という本を買った。
c0180009_1136438.jpg


手紙や遺書がいくつか選ばれて載っている。

できることなら、記念館に展示されていたものすべて載せてあれば・・・。

だけど、10代の若い隊員が、誰かの為に死を選ぶという決意を、

いつでも読めるように手元に置いておくべきだと思った。


国の為に命を捧げてくれたあの人たちが、

今の日本を、人たちを見て、どう思うだろう??


きっと、ため息をつくんじゃないかな?

それとも、平和ボケだとしても、平和であることを喜ぶだろうか?


どちらにしても、私は、申し訳ないと思う。
by judy_loves_jazz | 2009-10-28 11:57 | Trip.

秋の旅 @ 九州 - 3 ‐ 。

これまでの鹿児島での常宿は “ 城山観光ホテル ” 。

今回は、知覧に近い “ 錦江高原ホテル ” にした。
c0180009_14263084.jpg


鹿児島中央駅でレンタカーを借りて、

指宿スカイラインを走って約30分。


ホームページやパンフレットだけじゃ、わからないもんやね。

寂れているというか・・・暗いというか・・・

ホテルというより、事務所ビルのような感じがした。

いつもと違うホテルを、と思ったけど、

やっぱりいつものホテルがハズレ無く安心して泊まれるってことやね。

ゴルフコースがあるので、主にゴルフ客がプレー後に休憩と温泉で使うことが多いみたいで、

宿泊する人も少なくて、閑散としていた。



奮発して頼んだ伊勢海老コースは、

量も味もなかなか良かった。
c0180009_14385818.jpg


いつものとおり、↑ の写真を撮った後は、

食べることに夢中になって、その後の料理の写真は・・・ありません。

忘れました・・・。



肝心のお風呂は、これもゴルフ客(特に男性)を主にしているので、

男風呂は広さも、露天風呂からの桜島の見え方もいいみたいだけど、

女風呂はもひとつだった。


次の朝、早起きをしてホテルから15分ほど歩いたところにある風車を見に行った。
c0180009_14422082.jpg



朝日がとってもキレイ!
c0180009_14431390.jpg




朝日の中で悠々とした姿の桜島。
c0180009_14442872.jpg



これらの風景をバックに行う結婚式もいいだろうなぁ。
c0180009_14452527.jpg



ホテルから見る風車。
c0180009_1447854.jpg


ガラガラだった駐車場も、高台から戻ってくるとゴルフ客の車でいっぱい。


安くで泊まれたから、安いなりのホテルだった。

やっぱり鹿児島は “ 城山観光ホテル ” やね。


錦江高原ホテルを後にして、

目的のひとつである “ 知覧特攻平和会館 ” へ。
by judy_loves_jazz | 2009-10-26 14:55 | Trip.

秋の旅 @ 九州 - 2 ‐ 。

福岡から新八代までは “ リレーつばめ ” 。
c0180009_9571094.jpg


グリーン車の中に、更に特等席が。

ガラスの向こうに3席。

プラス料金はいくらなんだろ??

誰も座っていません。
c0180009_958547.jpg



新八代から鹿児島までは “ つばめ ” 。

今回乗ったのは新型車両。
c0180009_101390.jpg


つばめ・・・という文字の下にある朱色の線が、

くるんっと巻いてあるのが目印。


JR九州の列車をたくさんデザインされている、

工業デザイナー:水戸岡鋭冶さん


以前から気になっている人。

ちょっと高価だけど、このデザイン集はお気に入り。
c0180009_10191789.jpg


c0180009_10193339.jpg


“ つばめ ” もそのひとつ。
c0180009_10101266.jpg



落ち着くんよなぁ~。この車両。
c0180009_106673.jpg



木枠とあずき色のシート。


窓のサンシェードもオシャレでしょ。
c0180009_1085414.jpg


まさに “ 和 ” 。


フロアのマットにもさりげなくツバメが。
c0180009_1073757.jpg



女性客室乗務員さんの制服がとても良かったんだけど、

さすがに恥ずかしくて、写真を頼めなかった。

ほんと、かっこいい制服だったなぁ。

ツバメのかたちをした、バッジも良かった。

う~ん・・・今となると、写真を撮らせてもらえば良かった。


三度目の鹿児島。

以前に来た時にはなかった “ 焼酎バー ” 。
c0180009_10301431.jpg



焼酎の名前が並んだボードを見ていると嬉しくなる。
c0180009_10312581.jpg


あぁ~鹿児島だぁ。

大好きな鹿児島にやって来たぁ。

焼酎だ! さつま揚げだ! 焼酎だ! 焼酎だ!


でも、ホテルまでレンタカーで行くので、我慢。 我慢。


今回、初めて行くホテル。

どんなんかなぁ?
by judy_loves_jazz | 2009-10-24 10:36 | Trip.

秋の旅 @ 九州 - 1 ‐ 。

独身の頃は、思い立ったら一人でふらっと旅行に出ていたけど、

結婚すると、何かと大変。

まず第一は、旅行代ね。

二人分となるとかなりの出費で、決めかねてしまう。


そんな時、Darling が見つけて来たのが “ 西日本パス ” 。

二日間、新幹線も含めて乗り放題。(指定は3回まで。)

普通席で¥18,000 。

グリーンでも¥20,000 。

¥2,000の差なら、そりゃグリーンでしょ。

そしてどうせなら遠くへ。


ということで、福岡 ~ 鹿児島へ行くことに決定。


朝8時前の、新神戸発の新幹線。

なのに、7時過ぎにはホームに居たいという Darling 。

500系、N700、700系、Rail Star が次々と到着するらしい。

c0180009_1113890.jpg


c0180009_112768.jpg


c0180009_1122356.jpg


私も新幹線好きなので、早起きも苦にならず。

1年ぶりに乗る新幹線に、子供のようにワクワク。


この旅行の一番の目的は、JR西日本が2年前から復活させた “ 新幹線ふれあいデー ” 。


JR東海が主催する “ 新幹線なるほど発見デー ” もいいんだけど、

最大の難点は、500系は JR西日本の新幹線なので、

大好きな500系が展示されていないこと。


500系が近くで見られるとなると、どうしても行きたい。


博多総合車両所がある博多南駅。

博多から新幹線でひと駅。

新幹線に乗れて、運賃は¥290 。

普通の JR の駅。

それも、どちらかと言えば、さびれた街中の駅。

日々の移動に、新幹線が使えるっていいなぁ。


会場のゲートをくぐると、さっそく 500系 と N700 がお出迎え。

c0180009_11132638.jpg


両車両の運転台見学の整理券は、既に無し。


新幹線の洗車。

すっごい迫力!

c0180009_11155030.jpg


c0180009_1116137.jpg



いつか、走っている姿を見たい ドクターイエロー 。

c0180009_11173820.jpg




2011年に山陽 ~ 九州直通となる、九州新幹線 “ さくら ” 。

c0180009_11195766.jpg


c0180009_11201278.jpg


c0180009_11203149.jpg


写真ではよくわからないけど、薄いキレイなブルー。

とってもキレイ!

2011年が待ち遠しい。



新幹線の雑誌等でよく見かけるこの風景。

c0180009_11234471.jpg


実は、これを期待してたんだけど・・・ ↑ は飾ってあったパネル。


実際は、社屋の屋上からこんな風に見るしかなかった。

c0180009_11251458.jpg


c0180009_11252735.jpg


これはちょっと淋しいよなぁ。


でも、もう少し近くから見られたとしても、

私のデジカメじゃ、キレイに整列した新幹線を撮るのは無理かなぁ。

それに、人、人、人・・・で、無人の瞬間も奇跡に近いか・・・。


JR東海の “ 新幹線なるほど発見デー ” より、

新幹線の数も少ないし、規模も小さいけど・・・

500系と九州新幹線 “ さくら ” が見られたから満足!満足!


秋の旅行。

第一の目的を終えて、次は鹿児島へ。
by judy_loves_jazz | 2009-10-22 11:32 | Trip.

秋ですねぇ。

金木犀が香り出す頃、なぜか毎年切なくなる。

昔から、なぜかこの時期に失恋することが多かったからやろね。


“ トイレの芳香剤のニオイやん。 ” って嫌う人も多いけど、

私は好き。

“ 秋やなぁ。これから寒くなるなぁ。 ” って。


同じく、ニオイがすると言えば・・・

地面で踏まれて臭いニオイを放つ “ 銀杏 ” 。


2年前、Beer との朝の散歩の時にDarling が拾って来た。

銀杏のことなんか何ひとつ知らない私。

大量の銀杏の果肉をセッセセッセと素手で剥いた。


そう、その日はどうもなかったんだけど、

次の日の朝、両手の掌がとんでもない状態になってた。

荒れる。 そんな生易しいもんじゃなくて、ボロボロ。


まさか銀杏のせいだとは思わないので、

“ 病気?? ” と不安になって、母に電話すると、

“ 手袋してせなあかんやん。 ” とあっさり言われた。

手を荒らして、堅い殻を割って、

やっと出てきた実はガッカリさせる小ささ。


それ以来、秋になると “ どうせ小さいから銀杏は拾ってこんといてよ。 ”

って言ってたのたに・・・

この秋 “ 大きそうなん見つけたから。 ” と言って懲りずに拾って来た。

どうやら、木をゆすったり、蹴ったりして落ちて来たのを拾って来たとか。

なんでこうも銀杏に執着するんやろ。 

わからん。


拾って来たものはしょうがない。


2年前の経験を活かして、用意したものがこれ。
c0180009_9484844.jpg


使い捨てのビニール手袋と水きりネット。


銀杏をまず水に数時間浸して・・・
c0180009_9495225.jpg


回りの果肉をふやかす。

お風呂場にでも置いておかないと臭い。


十分ふやけたら、手袋をして果肉を剥いていく。

ニオイに敏感なので、この時点で倒れそうになる。

とにかくクサイ!

幾分か剥けたら殻同士を擦り合わせてもいいし、

水きりネットに入れて、ゴシゴシ擦っても OK 。


こんな感じ。
c0180009_9542079.jpg



新聞紙などの上で、重ならないようにして乾かす。
c0180009_955168.jpg



ここまで来ると、銀杏たちが可愛く思えてくる。

そうそう、この色なんよねぇ。


堅い殻に万能キッチンバサミ等で軽く切れ目を入れて、軽く茹でる。

殻をはずしたら、薄皮に包まれた実が出てくる。

これがまた厄介。


薄皮と実の間に水が入るようにして、つまようじや竹串で剥がす。
c0180009_9592694.jpg



お店で売ってるような立派なもんじゃないけど、

自然の恵みを味わえる。


これからの季節、茶碗蒸しにどうぞ。

あ、焼いても美味しいね。



それにしても、最初に銀杏を見つけた人ってスゴイ。

臭い果肉を取り除いて、堅い殻を割って・・・

その中に食べられる実があるって発見するなんて。



銀杏の木さん、ありがとう。


臭さと堅さで守った実。

美味しくいただきます。
by judy_loves_jazz | 2009-10-16 10:03 | Daily.

馬路村 。

食事を作るのに、欠かせない食材や調味料っていうのが、

それぞれの家庭にあるはず。


我が家はこれ。

馬路村農協 ” が発売している商品。

こんなかわいい箱に入って届けられます。
c0180009_12564988.jpg


あ・・・ピンボケ。



おなじみの “ ゆずポン酢 ” 。

c0180009_12341384.jpg


ポン酢が苦手な私だけど、この “ ゆずポン酢 ” はなんとか(笑)大丈夫。


そして、そんなに知られていないけど “ ゆず酢ドレッシング ” 。
c0180009_1237133.jpg


どの野菜にも合うけど、特にキャベツにかけると美味しい!


それからそれから・・・一番のおススメはこの “ ゆず寿司の素 ” 。
c0180009_1238498.jpg


友達が出産祝いのお返しに送ってくれて、初めて知って、

それ以来我が家で切れたことがない。


ちらし寿司や手巻き寿司をする時、温かいご飯にこれを混ぜるだけで

すぐに美味しいゆずの香りの寿司飯ができる。



それよりも、我が家で活用しているのは・・・。


“ ザワークラフト ” ドイツ料理のキャベツの酢漬け。
c0180009_12425648.jpg


キャベツとにんじんを好みの大きさに切って茹でる。

我が家は少し固め。

あらかじめタッパーに “ ゆず寿司の素 ” をいれておき、

茹であがったキャベツを十分に水きりをして、熱いうちに入れる。

フタをして、シャカシャカ振って十分に冷ましてから冷蔵庫へ。

お好みで、唐辛子の小口切りを入れても Good !



“ たこ酢 ” も簡単。
c0180009_1249201.jpg



切ったタコときゅうりを “ ゆず寿司の素 ” の中に入れて、

同じくシャカシャカ振るだけ。

しょうがの千切りを入れても Good !


どちらも数時間冷蔵庫の中にいれておくと、

味が染みて更に美味!



“ あと一品あればなぁ~。 ” という時にどうぞ。


次は、大根、新生姜なんかも挑戦してみよっ!
by judy_loves_jazz | 2009-10-15 13:04 | Daily.

ちょっと瀬戸内海まで・・・。

・・・と言っても、神戸港。


私と犬 ( Beer ) のメタボ解消に、晴れた日にウォーキング。

六甲山系から流れる都賀川。

阪急電車が走るあたりから川に降りられるので、

ここが Start 地点。

c0180009_11115188.jpg



そこいらのニオイを嗅ぎたがる Beer をなだめながら、

テンポ良く、トットトットと速足で海を目指す。

c0180009_11171012.jpg



健康の為に歩いている人。

ジョギングをしている人。

犬の散歩をしている人。


愛想のいいBeer を連れていると、いろんな人が声をかけてくれる。

こういう時に、犬を飼っていて良かったなぁ~と思う。


都賀川は、みんなが大切にしている川なので、

水がとてもキレイだし、鮎も放流されている。

c0180009_11225676.jpg



どこからか飛んで来た野生のカモにも会える。
c0180009_11241531.jpg


c0180009_11244275.jpg



鵜のような鳥も居たけど、写真を撮ろうとしたら、海へと飛んで行ってしまった。

鵜にしか見えなかったけど、こんな都会に鵜っているのかな?

今度出会えたら、逃さず写真を撮ろう。


こんなキレイなアサガオも目にできる。
c0180009_11285025.jpg


ゆっくり歩きたい Beer 。 

汗腺の無い犬にとっては少々キツイ散歩かも。

でも、喉が乾いたら、いつでも川の水を飲めるから大丈夫。

c0180009_11275923.jpg



Start 地点から30分ほど歩くと、海・瀬戸内海が。

でもね・・・海に近付く50m手前あたりから、キレイな川の水が濁ってくる。

到達地点と呼ぶには、ちょっと残念な風景。

c0180009_11331998.jpg


ま、仕方ないか。


ここで数分休憩。

帰り道は少々登り道なので気合を入れて、六甲山系を目指す。

c0180009_1137372.jpg



往路に出会った人たちと、またすれ違い、挨拶をしながら。

私の後ろを歩く、へたばった Beer を励ましながら。


この散歩を始めた頃は、iPod を聴きながら歩いていた。

でも、とってももったいない気がしてやめた。


川の水が流れる音。

風の音。

鳥の鳴き声。

人の話し声。

電車や車の音。


聞かなきゃもったいない。


そして、耳をふさいでいたら、

においまで遮断されたように感じる。


音、声、におい。

それらを楽しみながら、阪急電車が見えたら、

Goal も近い。

c0180009_11454560.jpg



毎回同じ道を歩いていると、飽きてくるんだけど、

その日によって風景や音が違う都賀川縁りは、

飽き性の私にとっては、最高のコース。


今度は、同じくメタボの Darling も誘って行こう。
by judy_loves_jazz | 2009-10-07 11:51 | Daily.

東京スカパラダイスオーケストラ @ 神戸国際ホール 。

スカパラ恒例の神戸国際ホールでのライブ。

“ and PARADISE goes on ... ” Tour. 。

今回は初参戦の Darling と行ってみた。


このホールいいんよなぁ。

木のぬくもりを感じられて、適度な大きさ。


無理言って定時に出社して来た Darling がホールに着いたのが、

開演数分前。

ギリギリセーフ。

踊り狂う人たちの間を掻き分けて席を探すのは大変やからね。


ピンクのスーツを着たメンバー9人が揃うステージは圧巻!

決して若いとは言えない面々だけど、

いい音を出して、その音を楽しんでる男性ってかっこいい!


いつもは自分の世界に浸って、踊り狂う私だけど、

今回は隣りが気になる。


音楽音痴じゃないけど、いつも冷静ではしゃぐことの無い Darling 。

さぁ~て、この人がこのスカのリズムの中でどうしていられるのか??


横目でチラッと見てみる。

ジョギングをしてる(笑)

両手を腰あたりで小さく振って・・・まさしくジョギング。

踊ってる(!?) Darling を見るのは初めてやし、

なんともオッサンらしさがおかしくて、笑いが止まらない。


そんなジョギングステップを見ていると、

自分の踊りの調子が狂うので、視界に入らないように、

必死に前だけを見て踊る! 踊る! 踊る!


スカパラ好きやなぁ。

ただただ、音の中で踊ればいい。

“ 無 ” になれる時間。


音の洪水で踊る。

いつもそう感じられる。


誰かを見る為のコンサートじゃなくて、

ただ単純にスカのリズムを楽しめる。


そんなスカパラもデビュー20周年。

ファンになって20年。

スカパラの作るスカが好きだからこそ続いているんだろうな。


去って行ったメンバー。

亡くなったメンバー。

試行錯誤のメンバーチェンジ。



これからも、自然と身体が動くスカを続けてもらいたい。



ライブ後のビールが最高やしね!



あ、ちなみに初参戦の Darling の感想。

“ なかなか楽しいもんやな。 ”


もっとスカを聞かせて、

ジョギングステップをなんとかしてもらおっか。
by judy_loves_jazz | 2009-10-05 10:38 | Music.

大好きな Darling 。 ビーグル犬♂ビール。黒ネコ♂しじみ。ふたりとニ匹@神戸。でも将来は Hawaii に住むんです。               (ハリネズミ♀つくね@Rainbow Bridge)


by judy_loves_jazz
プロフィールを見る
画像一覧