カテゴリ:Music.( 22 )

DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017/2018




20年ぶりくらいに、

ドリカムのコンサートに行って来ました。









去年、何かの番組で特集をしていて、

“ 行きたい! ” と思って検索をしたら、

ちょうど神戸ワールド記念ホールであるのがわかって申込みをしました。




c0180009_12244789.jpg





でも…嵐のコンサートの翌週だったので、

気分が盛り上がらず、行く気もなく…

当日、会場まで行ってチケットを売ろうかと思ったけど、

誰ひとり立っている人もおらず。




(たったひとり、“譲ってください” の紙を持って立っている人がいたけど、

“半額で” なんて厚かましいことを言うので却下!)




仕方なく(!?)入場。





ドリカムの場合は、引換券が先に送られてきて、

入場時に座席番号が書かれたチケットが機械から出てくるシステム。




c0180009_12243800.jpg





ステージが、中央に作られていたので、

近いっ! とにかく近いっ!





そして、スタンド正面で、前には誰もいないので、

とっても見やすくて良い席でした。



c0180009_12245914.jpg





吉田美和は、やっぱり歌が上手!

そして中村正人はトークが上手で、

客の盛り上げ方もあしらい方も良くて安心感がありました。





“ LAT 43゜N ” という曲が大好きなので、

それが聞けたことだけで満足かな。




チケットを売らずに、参加して良かった。




でも…

昔からのお約束なんだろうけど、

吉田美和がやたらと 「 神戸ベイビーズ! 」と叫ぶのが、

どーーーーも気持ちが悪くて。




だって、来てる人たちは結構年齢層が高いから、

“ ベイビーズ ” はちょっとなぁ~。





それと、吉田美和の、

いつまでも20代キャラも…見ているこっちの方が、

小っ恥ずかしくなります。




でも、20年ほど前に行った時には、

“ もうドリカムはいいや。 ”

(じゃぁ~何故チケットを取った!?)と思ったけど、

“ また狭いホールでやるなら行きたいなぁ。” と思いました。









by judy_loves_jazz | 2018-02-28 11:51 | Music.

ARSHI LIVE TOUR 2017-2018『 untitled 』。



San Francisco から戻ってきて約3ヶ月。


新しい年、2018年です。






嵐の 『 ARASHI LIVE TOUR 2017-2018「untitled」』。



c0180009_12191919.jpg




2回(2ツアー)落選していたのに、今回は、2公演も当選。

1月13日(土)、14日(日)。

しかも、14日はツアーラスト!




嵐のチケットはプラチナチケットなので、

事務所としても、これまで高額転売対処で顔認証やらいろいろ試した結果、

今回は、公演の数日前に確認できるQRコードを携帯で表示し、

それを入口でスキャンをして入場。


もちろん、スクリーンショットでの読み取りはできないし、

申込み人数が全て揃ってからでないと入場できません。

入口で人数分の感熱紙のチケットが出てきます。



c0180009_12185236.jpg




チケットの裏にタイトルが入っているけど…

ちょっと味気ないね。

感熱紙なので、いつか文字も消えてしまうだろうし。




スタンド1階で一桁台、しかも通路側。

近い! 見やすい!


c0180009_12192912.jpg




無駄なトーク、不安になる歌もなく、

安心、安定の嵐のコンサート!

舞台構成がやっぱり素晴らしい!




アリーナの前の人、後ろの人、端の人。

スタンドの前、後ろ、低い、高い。

全てに気を配った移動ステージが充実していて、

有難いなぁ~と思う。




銀テープも、スタンドにも飛んでくるように考えてくれていて、

大量にゲット!!



3時間のライブが終わって、外に出ると、



“ 銀テープ を譲ってください! ”



と書かれた紙を持っている子がいたので、

1本あげると、とっても喜んでくれて、

後ろにいたお母さんらしき人まで走って来てお礼を言ってくれました。





ライブは見られたのかな?

それとも銀テープだけもらいに来たのかな?

と相方と話しをしながら…

“ 銀テープが欲しい子がいるんやぁ。 ”  とわかったので、

ゲッとした銀テープを翌日のライブ後に渡せるように丸めて用意しました。




c0180009_12200066.jpg




これらをカバンに入れて、翌日、ツアー最後日へ。

JR大正駅からドームまで、

チケットを求める人たちでいっぱい!



c0180009_12195013.jpg



チケットと言っても、紙チケットじゃないので、

譲ってくれる人と、同行で入るしかありません。




c0180009_12200904.jpg




嵐のツアー最終日に参加できるなんて…

感動がフツフツと、湧いてくる。





今日は3塁側。




c0180009_12184535.jpg




メインステージに近くて、今回も通路側。




c0180009_12202811.jpg




この日は、スタンド下段の二桁台だったので、

銀テープは飛んで来ず。




ツアー最終日ということで、ダブルアンコールがあり、

満足!満足!大満足!




c0180009_12202072.jpg





ドームを出ると、高校生くらいの4人組が、



“  銀テープを譲ってくださ~い! ” 




と大声で叫んでいたので、1人の女の子に、

用意していた銀テープを数個手渡し「 足らなかったゴメンね…。 」と言って、

その場を離れました。



“ ありがとうございます!! ” と4人揃って大きな声。



数メートル歩いたところで、後ろから…


『  キャー! キャー! キャー! 』 と すごい嬌声が(笑)。



きっと、手渡された銀テープが、まさか数個もあるとは思わず、

確認してからの…あの喜びだったんだと思います。




かわいいなぁ。

若いっていいなぁ。

・・・と、しみじみおばさんは思った。




相方 「 (あの子らにとっては)神やな。 」

私  「 銀テープであんなに喜んでくれたら嬉しいね。 」

相方 「 次のツアーのチケット、巡ってくるかなぁ。 」

私  「 そりゃ、取れるでしょう~! 」




そうです!

どうかどうか、次のツアーもチケットが取れますようにっ!!!




追伸:


車の中では、嵐ばかり。

普段、鼻歌なんか歌わない相方が、嵐だけは唄っているので、

嬉しい & おかしい。




















by judy_loves_jazz | 2018-02-05 15:28 | Music.

REBECCA LIVE TOUR 2017 @ 大阪フェスティバルホール






かなり前に、NOKKO が出ていた番組で、

CDとして発売した子守唄を唄っていて、

愕然とした。



あまりにも下手で、ショックを受けた。




2015年に、復活ライブをすると知り、

“ 大丈夫なんやろか? ” と思った。




8月に横浜アリーナで行われたライブを、

WOWOW で見て…

なんか、こう…胸の奥が痛くなった。



NOKKO の声も戻っていたし、

全ての曲がなつかしくて、

テレビの前で、相方とふたりで盛り上がった。




80年代。

REBECCA の曲は好きで、よく聞いていただけど、

それよりも THE CHECKERS に夢中で、

好きだったけど、ライブに行くほどでもなかった。




WOWOW を見た後、

どこにあるかわからないけど、

でも必ずある REBECCA のアルバムを探しだし、

ずっと聞いていた。




そして今年。2017年。

やっと! ついに!!

ツアーが行われることが発表になり、

名前を借りて4口申し込んでみた。









大阪 フェスティバルホール 7月25日、26日。

ひと口(2枚)ずつ当選!!




仕事が終わってからの、18:30開演というのがネックで、

25日はお休みを取って行き、

26日は、いつも行く焼鳥屋さんのマスターに譲ることに。





c0180009_10470070.jpg






c0180009_10455596.jpg






c0180009_10460840.jpg






c0180009_10461757.jpg






c0180009_10465321.jpg





予約購入していたフェイスタオル、マフラータオル。


c0180009_17522095.jpg






他の人が着ているのを見て、欲しくなったTシャツ。



c0180009_17521035.jpg






2階席の2列目。



c0180009_10462620.jpg






開演間近になると、

どこからともなく拍手が始まり、

暗転になると、オォォォ~、ワァァァ~というどよめきが。





一曲目、“ MOTOR DRIVE ” が始まると、

会場は総立ちで、最初からテンションが高いっ(笑)





最初の2曲、音響設備(PA)の調子が悪くて、

その後15分ほど雑談タイムと…

“ When a woman loves a man ” を unplugged で。




なんか、ちょっと出鼻をくじかれたなぁ~と思ったんだけど、

その後の NOKKO の声はあの頃のままで、

一曲、一曲聞き進めていく度に、

80年代の空気というか…感覚が蘇ってきた。




一曲終わる度に、相方と…

“ いいねぇ~。 ” と言いながら…。

あっという間の2時間でした。





c0180009_10463560.jpg





大阪 フェスティバルホール

初日 7月25日(火)



1 MOTOR DRIVE
2 76th Star
3 When a woman loves a man(unplugged)
4 Lonely Butterfly
5 London Boy
6 Cotton Time
7 Cheep Hippies
8 MOON
9 フレンズ
10 MAYBE TOMORROW
11 恋に落ちて
12 MONOTONE BOY
13 真夏の雨
14 OLIVE
15 プライベイト・ヒロイン
16 ラブ イズ Cash


アンコール


17 Hot Spice
18 ヴァージニティ
19 RASPBERRY DREAM





六甲に戻ってきたのが21:45頃。



半年ほど前に開店した 『 しん吉 』で美味しいお料理を食べて…

(最近、お気に入りのお店。お料理が美味しいっ!)



c0180009_12463023.jpg





『 しん吉 』を出た後、家に帰るつもりが、いきつけの『 鶏の郷 』へ。

(このお店のマスターにチケットを譲りました。)





c0180009_12531481.jpg





「 明日のチケット返して~っ! 」


「 高値で買うから~! 」


・・・と言いながら(笑)





他のお客さんが帰ってから、

お店のステレオで REBECCA を流してもらいながら、

マスターと3人で盛り上がり…

気がついたら深夜1時でした(汗)




ほんと、いいライブだったなぁ。

80年代の頃の曲が、なつかしくもあり、新鮮でもあり。

あの頃…相方と私…お互い全く知らなかったのに、

こうして一緒に、50代になって復活ライブに行けることがすごく嬉しい。




またツアーしてくれるかなぁ??






c0180009_10464321.jpg


















by judy_loves_jazz | 2017-07-30 18:03 | Music.

神戸開港150年。



大好きな神戸。

今年は開港150年。



記念行事の一環として、AKB が来るというので、

応募してみた。



相方と私の名前で両方当選して、

弟家族と一緒に行ってきました。




普段、あまり行くことがないメリケンパーク。

とってもきれいに整備されていて、

今年の4月には、西日本最大級の店舗面積の STARBUCKS も

できました。


c0180009_10464910.jpg






c0180009_10470629.jpg






たくさんの屋台も出て、お祭りムード。

姪と甥は大はしゃぎ!


c0180009_10463826.jpg





椅子があるのかと思いきや…地べた座りでした。

c0180009_10471482.jpg




遠いっ…。

少し前の席を、弟家族に渡したけど…そんなに変わらないかもね。






芸能レポーターの井上公三とフリーアナウンサーの川田裕美が司会をして、

まず最初は、韓国のグループ “ MYNAME ” 。

熱狂的なファンがいて、ビックリ。

私…まったく知らなかった。



c0180009_10473201.jpg




c0180009_10474418.jpg





全くの興味のない甥っ子は、自分たちの席と私たちの席を

行ったり来たり。




AKB になると係員がウロウロしだしたので、写真は撮れず。








渡辺麻友は、どんなに遠くからでも、

その存在感というか…

オーラがあるというか…

根っからのアイドルだなと思った。




AKB ファンの弟は、

「 指原はいなかったけど、メインのメンバーが揃ってた! 」とご満悦




前々から義妹に、

「 お義姉さん、誰のファンなのかさぐってみてくださいよ! 」 と

頼まれているんだけど、弟は口を割らないので、

誰のファンなのかは、未だにわからず。




AKB よりも、その後一緒に食べに行くのが楽しみな姪と甥。

姪は相方と、甥は私と手をつないで、

いろいろな話しをしながらメリケンパークから三宮まで。



こうやって、手をつないでくれるのも…

おっちゃん! おばちゃん! ってまとわりついてくれるのも…

いつまで何やろなぁ。





・・・なんて思いながらも、

姪、甥そっちのけで飲みすぎるおばちゃんでした。




c0180009_10472241.jpg
























by judy_loves_jazz | 2017-06-20 11:44 | Music.

B.C.R. VIP MEET & GREET 。






順番が来る時間の長いこと、長いこと。


c0180009_14225544.jpg




さっきまで熱狂と黄色い声でいっぱいだった会場が、

手早く片付けられていく様子を見ながら・・・。



30分ほど待った頃に 「 20番、21番の方。 」 と声がかかり、

相方を置いて別室に。



会うまでどこか見えないところで待っているのかと思ったら、

すぐ目の前にレスリーとアランが居て、びっくり!



私よりも早い番号の女性が一緒に写真を撮っていて、

その後、用意してきた紙(便箋? メモ?)にサインをもらっていたので、

厚かましくも、その女性に白紙を2枚いただきました。



次の次だ・・・と思っていたら、

レスリーがトイレに行ってしまったので、

20番の方(男性)と、少し話しをしました。

昭和40年生まれで、お姉さんがファンだったので、

同じようにファンだった・・・とのこと。



あの頃、周りに男性ファンがいなかったので、

この日、男性が多いのが不思議だったんだけど、

こういう理由でファンになった人も多いんだろうなぁ~と納得。




そしていよいよ。

いよいよ。

遂にっ!



c0180009_14431264.jpg





レスリー偏重の写真(汗)。

c0180009_1445751.jpg






写真を撮る前に、

緊張のあまり、たどたどしくなる私の英語を、

一所懸命聞いてくれたレスリーとアラン。





10代の頃からファンだったこと。

I'v been a fan of yours since my teens.


会うのは今日が初めてなこと。

It's my first time meeting you today.


40年来の夢が叶ったこと。

My 40-year dream has come true.




やっとこさ言えたら、レスリーとアランがハグをしてくれました。




c0180009_14531424.jpg




c0180009_14532881.jpg







寝ても覚めても B.C.R. 。

ポスターだらけの部屋。

赤いタータンチェック。

お菓子のキットカット。

雑誌の切り抜き。

・・・etc.




レスリーに会えて、

ハグしてもらえるなんて知らない10代のあの頃の自分に・・・

40年後にね・・・と教えてあげたい。

・・・でも、きっと信じないだろうけど(笑)。





アランがとってもいい匂いで、

私の服にその匂いが移っていて、

楽しめた時間の余韻を楽しむことができました。




“ ミート&グリート ” を躊躇していた私に、

「 後悔せえへんか? 

  東京まで行ったことを考えてみ?

  片道の新幹線代くらいですむんやで。 」 

と、言ってくれた相方に、本当に感謝!

こんなミーハーな私を、認めてくれている相方に感謝! 感謝!

(仕方なし? 言ったところで聞かないだろうから? かもね。)




次 ・・・ はあるんやろか?

イギリスでは各地を回ってるみたいだけど、

日本に来るとなると簡単には行かないかな。

もし、また関西に来てくれることがあったら、

会いに行こう。



お互い、年は取っていくけどね(笑)。





追伸



 「 ブレないファンはたくさんいるんやな。 」

相方の言うとおり、熱狂的なファンはたくさんいます。

Facebook や Twitter を見たら、

お友達同士で赤チェックのお揃いの服を着て、

イギリスにまで行っている人たちがたくさん。


ミート&グリートで、私の次だった人たちは、

東京二日間(4公演)、大阪一日(2公演)を全てみて、

高額なミート&グリートのチケットを全て買っている有名なおふたりでした。
by judy_loves_jazz | 2016-02-27 14:19 | Music.

青春を取り戻した!





ライブが終わった時に、隣りに座る相方に、

「 青春を取り戻した! 」 と興奮しながら言いました。



ぽっかり空いていた、中学生の頃の青春の一部。

行きたくて行けなかった “ Bay City Rollers ” のコンサート。



その穴を、40年経った今、埋めることができました。




ビルボード大阪。

c0180009_1217890.jpg




もしかしてガラガラ? と思っていたけど、

同じ年代の人たちがたくさん。

c0180009_12181353.jpg





うわぁ~狭くて近い。

c0180009_12214598.jpg





男性もたくさんいて、ビックリ!

c0180009_12193882.jpg






たまたま選んだジャケットが、赤いチェックの相方はホッと安心。

c0180009_1220311.jpg





始まるまでに1時間ほど時間があったので、

軽く腹ごしらえ。


c0180009_12224476.jpg






緊張して吐き気が(笑)。




時間になり、レスリーが出て来た時には・・・10代に戻ってた。

c0180009_1226257.jpg



年齢も体型も変わっていたけど、レスリーのあの歌声だった。




Saturday Night

I Only Wanna be with you

Bye Bye Baby

Be My Baby

Yesterday's Hero

Give A Little Love

.........................................................etc.



涙が止まらなかった。

なんだろ・・・まさか、40年経った今、こんなに涙が出るとは思わなかった。





「 LES ーーーーーーーーーーー! 」 と叫んだら、

「 LES-----------! 」 と、

レスリーが私の真似をしてくれて、相方と顔を見合わせてニヤニヤ。




あの頃覚えためちゃくちゃ英語でそのまま歌って、

手を振ったり、叫んだり、踊ったり・・・

あの頃行けなかったコンサートでやりたかったことが、

やっと、やっと実現できた。



おばちゃん、おっちゃん・・・みんな楽しそうだったなぁ。

同じファンだった中学時代の友達も、もしかしたら居たかもしれない。

彼女もコンサートに行けなかったから、そうだとしたら嬉しいな。




あっと言う間のライブ。

乾いた涙が頬っぺたに張り付いてた。



ゾロゾロと帰る人たち。



腑抜け状態になっていたら・・・

「 ミート & グリート のチケットをお持ちの方は、しばらくお待ちくだい。 」 

とのアナウンス。




「 え?? ミート & グリート ?? そんなん初耳やん~。 」 

と言いながら、会計を済ませて帰ろうとしたら、

そのチケットがまだ売られていることを発見!



でも・・・15,000円(汗)。

高いっ。高すぎるっ。



どうしよう? どうしよう? と悩み、

諦めてお店を出ようとしていたら・・・

「 ええんか? 後悔せえへんか? 」 と相方が。



いつも、私の本当の気持ちを察してくれて、

背中を教えてくれてありがとう。





レスリーとアランに合うことに決めました。

c0180009_12534688.jpg

by judy_loves_jazz | 2016-02-26 12:57 | Music.

40年越しのB.C.R. 。





2月に東京で2日間4公演のライブをする BAY CITY ROLLERS 。


行こうかどうしようか迷ってるうちに、完売になってしまい、

“ やっぱり縁がなかったかぁ。それにしても完売とは・・・。 ” と思っていたら、

 ビルボードライブ大阪 』 で 2公演してくれることに!!



指定のちょっといい席を予約したので・・・

チケットはひとり ¥ 17,580-。

相方とふたりで合計 ¥ 35,160- (涙)



40年越しの諦めてたライブだし、

きっとこれが最初で最後になるだろうから、

まぁ、いいかっ! いい! いい!



ライブ当日まで、あと1ヵ月弱。

CDを引っ張り出して来て、

あの頃と同じデタラメ英語で予習してます。




嬉しい。

ふつふつと・・・嬉しさが湧いてきます。



Leslie のツイッターに、

チケットが取れたことを報告したら、

それを見たアメリカの人や、

結婚でアメリカに行った日本人女性がメッセージをくれたり・・・etc 。



その日本の人は、東京のライブに、

わざわざテキサスから来るんだって!



40年近く経ってから、

こうしてなつかしいグループのファンの人たちと仲良くなれるなんて、

インターネットってすごいなぁ~と今更ながら思います。




今朝の通勤途中、相方に・・・

「 レスリーって日本人と結婚してるんよ。 」 と言ったら。

「 そんなん言われてもレスリーがどんな人かも知らんわ。 
  
  ビートルズのリンゴ・スターの顔も知らんねんで。 」 やって。




こういう人を、無理やりライブに連れて行きます。

ま、ひとり家で待ってるよりいいでしょ!
by judy_loves_jazz | 2016-01-26 12:29 | Music.

ARASHI LIVE TOUR 





急に寒くなった関西。

今年も相方と行ってきました。



ARASHI LIVE TOUR 2015 “ Japonism ”


c0180009_1542310.jpg




大野くんの誕生日の日なので、

“ チケット譲ってください! ” の紙を持った人は多かったような気がする。




ライブを待つ人たちって、いつでもどこでも嬉しそう。

チケットが当選したのがわかった日から、ずっと待ってた日やもんね。

c0180009_157369.jpg




ファン層は、老若男女。

友達同士、母娘、夫婦。

杖をついた老齢のグループもいたなぁ。



5人のメンバーそれぞれにまんべんなくファンが居て、

“ あのメンバー、ファンが少ないよね。 ” ってことがない。





今回の席は、アリーナ後方ブロック。


c0180009_1520393.jpg





ツイッターで、座席番号を集約してアリーナの予想をしてくれる人がいて、

だいたいの位置はわかっていたんだけど、

自分たちの席を確認してびっくり!



後ろから2列目なんだけど、

バックステージから2列目ってこと

それも、ど真ん中!




嵐は、前方の席だけじゃなくて、

アリーナ後方や、スタンド上段にまで気を配ったステージングをしてくれるから、

その時を想像するだけで緊張する。





コンサートが始まって、遥か遠くにいる嵐が見えた時。

久々に買ったペンライトを、必死に振ってた。

列の端っこだったから、ちょっと身体を傾ければ十分見える。



そして、ムービングステージが5人を乗せて、

後ろに近づいて来た時には、

テンション MAX !!!



バックステージに5人が揃った姿を見た時には、

鼻血が出るかと思った(笑)。




“ 嵐! 実在していたんや! ” 




バックステージに何回も来てくれて、

最後の挨拶もバックステージにしてくれたので、

かなり長い時間、近くに嵐がっ!



別に私の方を見てるわけじゃないけど、

なんかこっちを見てる錯覚を勝手にして、

やけに緊張したりして(笑)。



前(実際は後ろ)の席の中学生の女の子たちが、

すごくいい笑顔で嬉しそうにしている姿を見ているのも、

幸せな気分になる。



特にどのメンバーが大好きってことはなくて、

嵐というグループそのものが好きだから、

誰かを集中して見てるわけじゃないから、

終始キョロキョロ。



それにしても MJ (松本潤) は、かっこいい。

私の横で、相方が松潤に手を振っているのを見て、

笑いそうになった。



後で聞くと・・・

“ 松潤、生きてたんや。 ” と思って、

思わず手を振ってしまったらしい(笑)。




もうこんなに近くで嵐に会えないやろなぁ~という寂しい気持ちと、

反面、得意気な気持ちで・・・家の最寄の駅に着いたのが10:30pm 。



焼鳥屋さんで、相方と嵐の話しばかり。



ついつい今の SMAP と比べてしまうんだけど・・・。


・ メンバー全員が、歌も踊りも上手。

・ いい曲が多い。

・ 最後のトークをバックステージでする優しさ。

・ どのメンバーも嫌味がない。 

・ だらだらトークが無く、充実した3時間の内容。


・・・etc


ファンになれば、あばたもえくぼなんだろうけどね。


でも、コンサートに行ってみると、

今の嵐の勢いの理由がわかる。




来年・・・当たるかどうかわからないから怖い。

今回のツアーも、行けなくて泣いてるファンはたくさんいる。

ファンクラブに入ってから一度も当たったことが無い人もいるらしいし。

ファンになればなるほど、当落に一喜一憂するよね。




チケットが手に入った、ラッキーな人たちが、

笑顔と嬉し涙で、幸せな3時間を嵐と過ごす人が、

今日も京セラドームにたくさん。




大好きな嵐に会って、

仕事がんばりましょう~!!

勉強がんばりましょう~!





追伸 


私  「 嵐、良かったわぁ。 あんなに近くで嵐を見られるなんてっ! 」


相方 「 嵐ファンに引き込んであげた俺のおかげや!  」
by judy_loves_jazz | 2015-11-27 16:20 | Music.

Bay City Rollers 。







中学生の頃。



メンバーの顔写真が入ったタータンチェック柄の紙袋を持って登校したり。



放送部の友達にレコードを渡して、昼休みに流してもらって、

スピーカーの下にイスを置いて立ち、少しでもスピーカーの近くで聞いたり。



レコードが発売される日には、

レコード屋さんに友達と自転車を飛ばしたり。



部屋にポスターを貼って、

でたらめな英語で歌ったり。



1977年に、大阪にあったラサスケートリンクでのコンサートには、

母親に反対されて行けなくて、悔しい思いをしたり。



ほんと、人生で一番いろいろな洋楽を聞いた時期だった。



耳で拾ったでたらめな英語だったけど、

今から思うと、そのおかげで英語の聞き取りや発音が、

得意になったのかもしれない。




中学生時代から、約40年。




Twitter のニュースで、

Bay Ciry Rollers のメンバーだったレスリー、アラン、ウッディーで、

ツアーをするということを知った。




c0180009_12563152.jpg




レスリーの Twitter のアカウントもあったのでフォローをして、

“ ぜひ、日本にも来てください!” とメッセージを送ったら・・・





レスリーからダイレクトメッセージが!!!!









c0180009_12585021.jpg









“ 来年の2月に行くよ! ” って。



!!!!!!!!!!!





お風呂に入っている相方のところに走り、

頭がシャンプーだらけの相方に、


“ B.C.R. のレスリーからメールが来た!!! ” 


と叫び、狂喜乱舞!




40年前・・・


『 Bay Ciry Rollers にファンレターを書こう! 』  

っていう本を買って、ファンレターが完成しないまま友達に貸したら、

そのまま戻って来なかったので・・・

結局、出せずじまいだった。



インターネットが普及した今。

そして、全盛期が過ぎた今。

こうやって返事をもらえるようになった今。




全盛期を過ぎても、

いくつになっても、私にとってアイドルはアイドル。



レスリーからメッセージをもらって、

中学生の頃の、いろいろなことを思い出した。



あの頃、一緒に熱狂して、

ウッディーのファンだった友達は・・・今、どこで何をしてるんやろ。


















by judy_loves_jazz | 2015-10-09 13:28 | Music.

当?落? Arashi Live Tour 2015 - Japanism -




いつ当落の発表なんだろ?? と気楽に構えていたら、

昨日、iPad にメールが入ってた。





やった~!!! 当選やん~!!!




まさかまさか当選するとは思ってなかった。

11月26日の京セラドーム。

その日は、大野くんの誕生日だから激戦日かも?って聞いてたんだけど、

今年も行けるなんて嬉しい。




iPad を持って、相方に 「 やった~!!! 」 と近寄ると、

「 え? 何や? 何や? 」 とちょっとビビられた(笑)




本日、ちゃんとチケット代も振込完了。



嵐は、当選がわかってからチケット代を支払うので、

とっても助かります。



SMAP は先払いだから、申込み枚数やファンクラブの口数が多いと、

とんでもない出費になる。



んで、落選したら数ヶ月後に返金。


“ 振替払戻証書 ” が送られきて、

それを持って郵便局に行かなきゃいけないから、

ほんと面倒くさい。


嵐は、それぞれに振込口座が決められていて、

指定された銀行の、指定された支店、口座番号に振り込みをします。



私には私専用の番号が割り振られているので、

何度も、何度も、何度も、何度も確認して、

間違いが無いかまた確認して、ネットバンキングからポチっと送金。




そうそう、コンサートの申込み方法も、

嵐はインターネットでできるから、簡単で便利。



SMAP は先払いだから、

払込用紙で郵便局で申込み。




同じジャニーズなのに、

申込み方法、チケットの支払い共にこうも違うとは。




それぞれのマネージャーの確執を、

こういうところにも感じてしまうのは、

考え過ぎかなぁ・・・・・。
by judy_loves_jazz | 2015-09-29 13:02 | Music.

大好きな Darling 。 ビーグル犬♂ビール。黒ネコ♂しじみ。ふたりとニ匹@神戸。でも将来は Hawaii に住むんです。               (ハリネズミ♀つくね@Rainbow Bridge)


by judy_loves_jazz
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る